よくある質問「どうしてアキレス腱炎専門なのですか?」

一番良く効かれる質問です。

つるかめ鍼灸院は開業して13年、アキレス腱炎専門で6年営んでいる鍼灸院です。

元々は目黒区の学芸大学駅で、地元の肩こり・腰痛を対象にした普通の鍼灸院でした。

「つるかめ鍼灸院」というアキレス腱炎専門にしてはちょっとふさわしくないような名前もその時のなごりです。

あまり知られていないことですが、鍼灸にはたくさんの流派があります。
当時は日本の古典を基にした鍼灸をメインにして、ご来院される患者様の症状に合わせて鍼灸治療をしてまいりました。

アキレス腱炎を治療するようになったきっかけ

普通に肩こり・腰痛をするような鍼灸院をしていたら、アキレス腱炎を診る機会はあまり多くは無いと思います。
たまたまランニングをされる常連さんがアキレス腱が痛くなり「これも出来る?」と言われて試しにやってみたのですが、これがとても良く効いてお帰りの際にはほとんど痛みは消失しておりました。

だからと言ってすぐにアキレス腱炎専門にしようと思ったわけではありません。

なんかまぐれで効いちゃったラッキーなケースくらいに考えておりました。
また、「アキレス腱炎って治りやすいのかな?」などと思ってしまっておりました。

何年もやっておりましたので、その後も何度かアキレス腱の治療をする機会がありました。
同じツボでやってみたところ、どの方も良く効いたので、ブログに「最近よく効いた症状」みたいな題でアキレス腱炎について書いたのが始まりです。

当時はまだそんなブログを書けば、困っている人は探してきてくれるような時代だったのだと思います。
一つのブログの記事だけで、一人二人とアキレス腱炎の患者様がご来院されました。

アキレス腱炎治療は、今までやっていた治療とは全く違いました。
マッサージ等はせず、鍼とお灸だけで、痛かったアキレス腱がお帰りの際にはほとんど痛みを感じなくなっておりました。

アキレス腱炎専門となるまで

アキレス腱のブログを増やし、アキレス腱炎の治療を重ねるたびに上手になっていくのがよく分かりました。
ツボを探すのに迷いがなくなり、施術のスピードがどんどん早くなりました。

アキレス腱炎が他ではあまり取り扱っておらず、治りづらい症状だということもだんだんと理解するようになりました。
それまで地元の患者様ばかりだったのが、びっくりするほど遠方からご来院されるようになり、今までになかった責任を感じるようになりました。

そしてなにより患者さんの喜び方が、肩こり・腰痛をやっていた時と違ったのが嬉しかったです。
「今までどこへ行っても良くならなかったのに…」と言ってびっくりされてお帰りになります。

アキレス腱炎の治療が面白くて仕方なくなり、とうとうホームページに「アキレス腱炎専門」と謳うようになりました。
いまだにアキレス腱炎の治療が面白くて仕方ないです。
不謹慎かもしれませんが「もっと痛い患者さん、もっと長く苦しんでる患者さんを治療したい!」と思ってます。

つるかめ鍼灸院のアキレス腱炎治療は当院オリジナルの即効性のある鍼灸治療です。

アキレス腱そのものに鍼やお灸をしたり、ふくらはぎをマッサージしたりもいたしません。
電気パルスや衝撃波などの機器も全くありません。
アキレス腱とは全く違う場所にある、遠隔のツボを使った治療ですが、治療後ははっきりと痛みが半減以下になっていることを実感できるはずです。

アキレス腱の痛みでお困りの方は是非一度ご来院ください。