つるかめ鍼灸院では12月30日まで、「成功報酬型のキャンペーン」を開催しております。

本来であればずっと以前から「成功報酬型の鍼灸院にしてしまおうか?」と思っていたのですが、前例のない試みに二の足を踏んでおりました。

今回のキャンペーンは、むしろ当院としてのトライアルです。

期間を切って試験的にやらせていただこうと思っております。

最近、ネットを見ていてシンスプリントの治療院さんで「返金保証」のある治療院さんを見つけてしまい、とても衝撃を受けました。

本当に凄いと思います。リスペクトです。

同時に嫉妬心も生まれました。

どれくらい前から返金保証しているんだろう…?凄すぎる…。

当院もやりたくなりました。

実は以前から「成功報酬型」でした。

実は当院も、月に一人いるかいないかくらいの割合で「全然効果がないようなので料金を頂けない」という患者様がいらっしゃいました。

その意味では、ホームぺージには書いておりませんが、実質「成功報酬型」です。

ですので、当院としては同じことをしているだけなのですが、やはりそれをホームページに記載することとしないことはまったく違います。

ホームページに「効果がなかったら治療費をいただきません」と書くのは非常に勇気のいることです。

二の足を踏んでいた理由

二の足を踏んでいたのは「お金を払う気がない人が来ちゃったらどうしよう…?」「アキレス腱炎でない人が来た場合はどうしよう」等の理由です。

「お金を払う気がない人が来ちゃった場合」に関しては、幸いなことに、当院では治療途中で何度か治療効果を確認させていただいております。
この時点で「効果が感じられない」とか「効果がわからない」と言われた場合には治療を継続するかどうか検討することで解消できると思います。

「アキレス腱炎でない人が来ちゃった場合」に関しては、当院は以前から「アキレス腱に押したりつまんだりして痛い部分があるかどうか?」を予約の時点で確認させていただいており、さらに「痛みの大きさ」等も条件に加えることでアキレス腱炎でない方がいらっしゃる可能性は減ります。

治療は患者様との共同作業です

二の足を踏んでいたもう一つの理由は、治療が「賭け事」になってしまうのが嫌でした。

特に鍼灸のような治療では、患者様と鍼灸師が「完治」という同じ方向を向って歩かなければなりません。

「絶対に料金を払わない」と決めてくるような患者様はいないとは思いますが、それでも半信半疑でいらっしゃる患者様はいらっしゃると思います。

治療は患者様と鍼灸師の共同作業です。

治療ベッドに横たわっている間だけでも、治療者と世界観を同じにして治療を受けていただきたいと思います。

成功報酬型と返金保証型の違いをはっきりさせてください。

今回の当院のキャンペーンは「成功報酬型」であり、はっきりとした治療効果を感じられなかった場合には料金を頂きません。但し痛みがゼロになるという意味ではありません。

また、当院を出てからの返金には応じかねます。よろしくお願いいたします。

まだ未定ですが、目標はずっとこのキャンペーンを続けることです。

当院は「アキレス腱炎専門」であり、「1~3回の治療で効果があります」とホームページで謳っております。
成功報酬型はむしろ当然で、「あるべき姿になったな」とスッキリした気分でこのキャンペーンを始めました。

今回は期間を切っておりますが、何か困ったことが起きなければしばらくこのキャンペーンを続けるかもしれません。

 

つるかめ鍼灸院は「アキレス腱炎専門」を謳うようになってから6年がたちます。
足首の一番くびれた部分の真後ろに500円玉大の、痛い部分と痛くない部分の境目がはっきりしたようなアキレス腱炎であれば、自信をもって治療しております。
そのような痛みのある方は、ぜひ一度お試しください。