【アイシングには凍傷等のリスクがあります。冷やし過ぎに注意をして自己責任でお願いします】

つるかめ鍼灸院では、スポーツをされてアキレス腱炎になってしまったほとんどの患者様にアイシングをお勧めしております。

全てのアキレス腱の痛みに効果があるわけではありませんが、走りすぎて火照ってしまったような熱感があるアキレス腱の痛みには良く効きます。

特に左右のアキレス腱に熱感の差があるような人にはお勧めです。

【凍傷等のリスクがあります。自己責任でお願いします】
保冷剤に足をのせる事で、保冷剤にアキレス腱を押し付けることになり、より効果が上がります。

アイシングは専用のアイスパックなどがなくても、布を巻いた保冷剤でできます。

冷湿布やコールドスプレー等はあまり効果がないようです。

アキレス腱の芯まで氷の冷たさを届けてあげるような感じで、15分から20分くらいかけて冷やし過ぎに注意しながらアイシングをしてください。

冷やす時間は女性や子供であればもう少し少なくてもいいかもしれません。皮膚が弱い人などは特に注意してください。

体質にもよるのですが、皮膚が赤や紫になってなかなか戻らない人もいます。少しずつ試しながらアイシングされるとよいと思います。

お風呂上りに一日一回で良いと思います。お風呂の前だとせっかく冷やしたアキレス腱をお風呂で温めてしまうので、お風呂上りにテレビでも見ながら保冷材の上にアキレス腱の一番痛い部分があたるように上にのせて冷やせばよいです。
このやり方だと、足の重みで痛い部分に保冷剤を押しつけるようになるので、より効果的です。

アキレス腱は真後ろからだけでなく、内側や外側からも冷やすことができます。

同じ部分をずっと冷やすのではなく、側面からもアキレス腱の芯まで冷たさを届けてください。

 

アキレス腱炎のセルフメンテナンスは、安静とアイシングです。

マッサージやストレッチ等はあまり効果がありませんし、伸ばし過ぎてしまうのもあまり良くないと思います。

安静とアイシングだけで良くなってしまうアキレス腱も多いと思いますが、それだけで治らなければ治療が必要です。

長引くアキレス腱炎にも効果がありますので、ぜひ一度アキレス腱炎専門の鍼灸院「つるかめ鍼灸院」へお電話ください。

*アイシングには凍傷等のリスクがあります。くれぐれも自己責任でお願いします。

当院でもアイシングに丁度良い大きさの保冷剤を販売しております。100円です。