指揮者という普段はあまり会う事のないようなお仕事をされている患者様でした。

年末にご来院いただいたのですが、「第九の練習で忙しい」とか聞くとちょっといい話が聞けたな…などと思ってしまいます。

指揮の台に歩くまでも痛いとのことだったので、年末に良い第九が届けられるように頑張って治療させていただきました。

アキレス腱専門でやっておりますので、アキレス腱が良くなるのは普通のことなのですが、特筆すべきは治療中に手が震えているのに気づき、指揮の仕事をしていて不具合なのではないかと思い、鍼で治るかどうかやってみたところ、良く効いたみたいで、アンケートにも報告いただきました。

当院は以前は「アキレス腱炎と手のしびれの専門」とさせていただいていた時期があるのですが、アキレス腱炎の患者様が多く、また、アキレス腱炎と手のしびれの専門ではちぐはぐな感じがして「手のしびれ」ははずしてしまいました。久しぶりの手のしびれ治療が役に立って良かったです。

治療はどんどん進化しており、現在はシンスプリントと腸脛靭帯炎と肉離れの患者様をもっと診てみたいと思っております。
どれも、アスリートに多い疾患ですので、もう少し自信がついたらアピールしていきたいです。

20170124

suehirosma

末廣誠様 58歳 男性 音楽家、指揮者
質問1
アキレス腱に痛みがあった期間はどれくらいですか?

今回は約1カ月

質問2
アキレス腱を痛めた原因となるスポーツは何ですか?
また、そのスポーツの練習頻度、出場した代表的な大会などありましたらご記入ください。

ウォーキング


質問3
当院でのアキレス腱の治療回数は何回ですか?治療前の痛みと治療後の痛みはどれくらい変わりましたか?
治療効果を教えてください。痛みが残っている場合にはどれくらい残ったか教えてください。

2回
2度目の治療後痛みは引いていきました。
踵辺りに疲労感のようなものがまだありますが、現在は痛かった事を忘れています。

質問4
鍼灸治療は痛かったですか?

痛くありません。

※治療効果には個人差があります。