クラシックバレエでアキレス腱を痛めてしまう方は多く、当院ではランニングによるアキレス腱の痛みに次いで2番目に多いご来院動機です。

バレリーナの患者様の難しいところは、痛む場所がアキレス腱だけでなく踝(くるぶし)や足の甲などにも散ること、また治療後練習に入ってうと痛みがあっても我慢して練習を続けてしまうことなどがあげられます。

そんな中でも、この患者さんは一回の治療で良い結果を出せました。

20160726

K.S様 47歳 インストラクター(ピラティス)

質問1 アキレス腱に痛みがあったのはどれくらいですか?

      1か月前位

質問2 アキレス腱を痛めた原因となるスポーツは何ですか?
    また、そのスポーツの練習頻度、出場した代表的な大会などありま
    したらご記入ください。

     クラシックバレエ(週に4~5回位)

質問3 当院のアキレス腱の治療回数は何回ですか?
    治療前の痛みと治療後の痛みはどれくらい変わりましたか?
    痛みが残っている場合にはどれくらい残ったか教えてください。

     初めて。
     治療後すぐにピキーンとした鋭い痛みが消えました。
     翌日以降、痛みはかなり軽減しました。
     (練習後で20~30%位)

質問4 鍼灸治療は痛かったですか?

     いいえ!!

 

※治療効果には個人差があります。